いわき市 安定ヨウ素剤服用と約7万人の子ども達の甲状腺検査問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - いわき市 安定ヨウ素剤服用と約7万人の子ども達の甲状腺検査問題
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
いわき市 安定ヨウ素剤服用と約7万人の子ども達の甲状腺検査問題希望の大輪プロジェクトMASK ACTION

いわき市 安定ヨウ素剤服用と約7万人の子ども達の甲状腺検査問題

3月14日から3月15日、そして3月20日過ぎまで、いわき市は初期放射性ヨウ素の大被曝に見舞われた。
国、県、関係省庁はスピーディデータ、現地モニタリングデータで事実を把握していた。
3月13日、原子力災害対策本部は福島県知事、関係自治体首長あてに局長名で安定ヨウ素服用指示を発令。
しかし三春町を除いて福島県民は誰一人として安定ヨウ素剤を服用しなかった。
なぜならば、福島県及び各自治体からの服用指示が出なかったからである。
これは県民や国民の生命・健康に重大な影響が発生する懸念を知っていながら安定ヨウ素剤服用を故意にさせなかった不作為による重大問題ではないか。
特に、福島県浜通り地区、いわき市の子ども達7万人の甲状腺検査は平成25年度4月以降の予定という不確定期限であり、実施の予定は発表されていない。
この問題をどうするのか。 チェルノブイリの先例をどうとらえているのか。
問題を提起すると同時にここに公的データをアップする。

あなたが死にたいほどに辛く生きた今日は

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あなたが死にたいほどに辛く生きた今日は
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
あなたが死にたいほどに辛く生きた今日は希望の大輪プロジェクトMASK ACTION

あなたが死にたいほどに辛く生きた今日は、 昨日死んだ人があれほど生きたいと願った今日。
生きててくれてありがとう。
目を開けてくれて笑ってくれて泣いてくれてありがとう。
夢はあなたを裏切らない。あなたが夢を裏切ってるだけ。
ありがとう。
すべてのことに感謝する。いいことにも、悪いことにも。

石田 進 氏

ツイッターから

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ツイッターから
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ツイッターから希望の大輪プロジェクトMASK ACTION

 ゴフマン博士とタンブリン博士
 われわれは、細胞が放射線障害を受けてガンや白血病が発現するのは、被曝後直ちに明白になるのではないということを知らなければならない。長い潜伏期間ののにちに、悲しくもサジを投げ出さざるをえないことを悟るのだ。 電離放射線の破滅的効果のほんとうのこわさを認識し理解できていなかったことを悔いることになろう。 …
 ルミャンツェフ小児科医
 「放射性物質による甲状腺がんが増えたのは事故から5~7年後のことだった。発症しやすいのは、事故当時、3歳以下か15~18歳の未成年。いまでも事故前の水準まで発症率が低下していない」
フェルネックス医学博士
 チェルノブイリでは子供たち、特に小さい子供や幼児の1型糖尿病が増加し、昏睡の症状が確認された。通常は遺伝的要因からくる自己免疫異常や新たな突然変異によるものだが、チェルノブイリでI型糖尿病を発病した小さい子供や幼児たちは糖尿病家系ではないことが特徴的だった。 被ばくによって引き起こされるゲノム不安定性は遺伝的に受け継がれる。調査は、子どもの祖父母から始まって、これから何世代にも渡って続ける必要がある。
 野村大成大阪大学名誉教授
 取り込まれた放射性物質の中には、特定の臓器に集中的に蓄積される元素があり、取り続ければ長期間にわたり放射線を浴びせる。
 バズビー博士
 心臓は200gの重さで85gの筋肉組織があります。(子供)どの様に検証するのかと言いますと、50ベクレルのセシウム137をこの組織に入れます。するとこのセシウム137により、1%の細胞が死滅しました。わずか1%ですが、心臓の筋肉としては25%が失われるのです!

追加被曝を避けるために

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 追加被曝を避けるために
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
追加被曝を避けるために希望の大輪プロジェクトMASK ACTION

追加被曝を避けるためにマスクは最低限度の自己防御策
チェルノブイリ事故後のウクライナ
健康な国民は2割(事故後26年目現在)、何らかの健康障害等を抱えて日常生活に支障をきたしている国民は8割。
 チェルノブイリ事故は1基。
リクビダートルと呼ばれる人たちを含め短期間で収束作業。
 一方福島原発は4基。 いまだに未収束。
 国土面積を比較するとウクライナは福島の約440倍。 人口密度は2分の1。 この事実を持って何が起きるか…  明白だ。 …

インフル県内流行始まる 相双、いわきで本格化

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - インフル県内流行始まる 相双、いわきで本格化
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
インフル県内流行始まる 相双、いわきで本格化希望の大輪プロジェクトMASK ACTION

インフル県内流行始まる 相双、いわきで本格化

http://www.minyu-net.com/news/news/1227/news3.html

県は26日、インフルエンザの流行が始まったと発表した。県内76定点医療機関からインフルエンザ患者の報告数が1定点当たり1.49となった。県によると、1医療機関当たり1週間で1人以上の患者が流行入りの目安となる。  県感染症発生動向調査週報(17~23日)によると、インフルエンザは相双、いわき市で流行、県北、郡山市、県南地方でも発症者が増え始めているという。  感染性胃腸炎は県北、県中、県南、いわき市で流行、郡山市、会津地方で小流行が続いている。多くがノロウイルスによるとみられる。手足口病は県南、いわき市で流行が続いている。 (2012年12月27日 福島民友ニュース)

福島県民保健福祉、教育委員会、いわき市教育委員会は、『子ども達にマスクをさせない』 でしたよね。

 県庁での話し合い、教育委員会事務局での話し合い、多数の電話での話し合いでも一貫していましたものね。 …『子ども達がマスクをしている姿が全国に放送されると風評被害に繋がるからマスクをさせない』 と言い切りましたものね。

インフルエンザと放射性物質の危険性認識度の差・価値づけ、命を守る立場にある方々の意識が理解できない。

 今年も来年の花粉時期も子ども達にマスクをさせないのですよね。 あなた達がそう断言したのですから…

全国の皆様の愛ある善意の寄付を睨みつけ、無償で数千万枚のマスクを提供し学校ごとに児童数を調査してサイズまで合わせて学校正門までドアツードアで配送しますと仰ってくれた日本のマスク会社さんの行為を無為にし、行政独自の平等という判断で学校間・児童間に不公平を惹起させ、挙句の果てには保護者からの対応不手際指摘責任を校長に押し付け、異動時に“やれやれ、これで解放された”とは何事でしょう。

  元は、、と言えば、あなた方が引っ掻き回したことではないですか? こちらは、マスク対策はいかがでしょうか、、と話し合いをしただけなのに。